行政書士や税理士などの資格

資格百科

資格

sikaku

資格とは、あることを行なうのに必要なもの、必要とされる条件のことである。

大きく分けると、国家資格、公的資格、民間資格の3つに分けられる。
国家は、法律に基づいて国が実施する試験で合格すれば与えられるものである。
公認会計士、行政書士、弁護士、宅地建物取引主任者、歯科医師などがある。
取得は困難だが、国から職業的な地位を保障され、社会的な信用度も高いとされている。
公的は、国家と民間の間に位置づけられるものである。
民間団体や公益法人が実施し、文部科学省や経済産業省などの官庁や大臣が認定する。
ビジネス実務法務検定、ワープロ検定、カラーコーディネート検定などがある。
民間は、民間団体や企業が独自に審査基準を設け、任意で与えられるものである。
インテリアコーディネーターや、マルチメディア検定、TOEICなどがある。

取り方

資格を取るには、まず最初に自身の目標や理由を明確にする必要がある。
そして、その目標に合ったものを選び、取得に向かうと良い。

また、日本には資格を取得する為の学校がある。
中には、このような学校に通って行政書士や公務員になる人もいる。
学校では、それぞれに応じたカリキュラムなどが立てられ、取得を目指す。
費用は、学校などによって異なり、事前の無料説明会というのも行われている。

人気

benkyou

資格の中には、たくさんの方が取得を希望するものもある。

女性の場合は、医療事務、調剤薬局事務、実用ボールペン字などが人気である。
医療事務は、職場となる病医院が全国にあり、引越しなどをしても近所で仕事を見つけやすいという理由で選ばれている。
調剤薬局事務は、働き方を選びやすく、家事や子育てと両立できやすいという理由で選ばれている。
実用ボールペン字は、手軽に学ぶことができ、綺麗な文字を書けるようになるという理由で選ばれている。
男性の場合は、行政書士、宅建取引主任者、ファイナンシャルプランナーなどが人気である。
行政書士は、将来的に独立や開業する事ができるという理由で選ばれている。
宅建取引主任者は、就職などにも強く、マイホーム購入時にも知識を活かせるという理由で選ばれている。
ファイナンシャルプランナーは、税金や保険などの知識を身に付ける事ができるという理由で選ばれている。

ニュース

2014/04/02
弁護士を更新しました
2013/10/15
行政書士を更新しました
2013/10/15
税理士を更新しました